どうせ食べさせるなら「我が家の愛犬の体」に良い、「体にあった食事」を食べさせたいと考える飼い主さんへ。


犬の薬膳

 

  • 犬の普段の食事、できることなら「体に良いもの」を食べさせたい
  • レルギーに悩む愛犬のために手作り食を始めた、どうせ作るなら体にいいものを与えたい
  • かかりつけの獣医さんが東洋医学の診断をしてくれて、指導もしてくれるが、自分でもその意味を理解し、犬のための食事を作ってあげたい
  • 東洋医学を自分に実践してみてとても良いと実感したので、犬にも薬膳を応用したい
  • 犬が毎年、決まった時期に外耳炎を繰り返す。病院での治療も受けているがなかなか改善しないので東洋医学の考えも試してみたい
  • 薬膳は実践しているが、自己流なので「これでいいのかなあ」と思っている
  • ●●に良い食べ物、などいろいろ情報はあるが、本当にうちの犬に合っているのかなあ、と疑問がある
  • 薬膳に興味はあるがドライフードにトッピングでも薬膳ってできるのかな?と不安を感じている
  • 犬に持病があるので、食事から体質を改善することに興味がある
  • 異なる病気を抱える犬を多頭飼いしているが、同じ食事でいいのか疑問がある。犬の状態に合わせて食事を考える方法ってない?
  • 犬の食事がマンネリ気味で、作る側も犬も飽きてきている。何か新しいジャンルを取り入れてみたい!

 

もしこのような理由で「犬の食事、どうせ食べさせるなら体に良いものの方がいい!」とあなたがお考えの場合、

 

●犬の薬膳の基礎

 

を学ばれることをおすすめします。

 

薬膳は特別な材料を使う必要はありません。スーパーで買えるごく普通の材料で、犬の体質や季節を考慮しながら作る、「体に合わせた食事法」です。

 

もしこの「家庭で手軽に実践できる愛犬のための健康薬膳」を学ぶことに興味がある場合は、下記よりメールアドレスとお名前を登録いただき、無料の「犬の薬膳メールセミナー」を受講してください。

 

●犬の薬膳について学ぶ無料メールセミナーを今すぐ受講し、犬の体に合わせた食事について学びます!

 



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)

*本名を正しくご登録ください。カタカナのみ、ひらがなのみ、ローマ字のみ、ペットの名前などで登録した場合はいたずらとみなします。見つけ次第、不正登録として配信停止を行いますので事前にご承知おきください。

*このメールセミナーの最後に、弊社の有料薬膳講座のご案内もさせていただきますので、宣伝が嫌い、という方はご登録されないようお願いいたします。

*ご登録いただいたメールアドレスは、メルマガ配信以外の目的で使用いたしません。第三者への公開なども一切行いませんのでご安心ください。また、メールの購読停止はメール内にある解除URLよりワンクリックでいつでも停止可能です。

*メールセミナーご登録の方へは後日、メールマガジン「ぐり通信」の配信も併せて開始いたします。犬の手作り食、アロマセラピー、マッサージ、薬膳、東洋医学など、愛犬の健康を自宅で考えケアするための情報配信メールマガジンです。ぜひこちらもご活用ください。


こんにちは。メールセミナー講師を務める、Office Guriの諸橋直子です。

 

p

 

【メールセミナー講師:諸橋直子】
1974年12月25日生まれ、北海道札幌市出身、在住。AEAJ認定アロマセラピーインストラクター、ホリスティックケア・カウンセラー、日本ペットマッサージ協会認定 ペットマッサージセラピスト、日本ペットマッサージ協会認定 ペット東洋医学アドバイザー/JADP認定中国漢方ライフアドバイザー
北海道札幌市を中心に、東京、大阪などで犬の家庭での健康ケアをテーマにセミナー活動、オンライン教材の企画・販売を行っています。

 

現代では「予防医学」が注目されてきています。これは私たち人間の世界でも広く一般的になってきている考え方で、普段の生活や食事に注意することで、病気を予防しようという考え方です。

予防をする、予防に努めて早く体調の異変に気づき、病気を本格的に発症する前に対策を行う、という初期での対応の方が、病気になってから治療するのに比べて容易であることは想像に難くありません。

実際にこうした「予防」の重要性に注目し始めた専門医などが、予防の重要性を理解するための一般市民向けセミナーなどを開催する機会も増えてきました。

一方で、犬の健康分野ではどうでしょうか?

フィラリアの投薬やワクチン接種などはすでに一般的になってきていますが、「家庭で普段の生活の中から病気を予防する取り組み」については、まだ必要な情報が飼い主さんに十分に行き渡っていないのが現状です。

 

犬の生活の中心は「家庭」ですし、もしその家庭で過ごす時間や家で行う生活全般、食事の中から「健康維持」「病気の予防」に役立つ取り組みができるとしたら、犬にとっても非常に良いことだと思いますが、あなた自身はどう考えますか?

 

もし、あなたが犬の健康の中で「食事」が占めるウエイトが大きく、大切だとお考えの場合、

 

「口から入る食物には全て薬効があり、体に良い影響をもたらす”食薬”である」

 

という考え方の「薬膳」を学び、実践するのがおすすめです。

 

  • 薬膳とはどういうものか?
  • 実践した人たちの犬にどういう嬉しい変化が起こったのか?

 

をご紹介した無料メールセミナーを公開していますので、薬膳を学ぶことに興味がある場合は今すぐ下記よりメールアドレスとお名前を登録し、薬膳について知ること方スタートしてください。

 

薬膳メール講座を受講された受講生の方の声

 


 

諸橋様
初めして。私はミニピンのブラックタンの男の子(斗真)7歳と暮らしていす。
小さい頃から皮膚は弱い子でした。昨年、私の両親と同居が始した。

その後闘病中だった父が亡くり斗真も私も環境が変わりした。昨年の今ぐらいの時期から皮膚の状態が悪くした。カビ等の簡易検査では異常がく酷い時だけステロイド投薬でした。
今年に入って2回目の皮膚の悪化で動物病院の皮膚科を探し、先週末初めて受診しした。現在はステロイドでは無い薬を飲んでいす。薬シャンプーも週に2回していす。

 

今回の皮膚科受診でステロイドが皮膚状態を悪化している場合もあると言われした。ステロイドは体に良く無いとは分かっていしたが、病院からの処方しか頼れるところがかったので薬に頼っていした。これから年齢を重ねるにつれて状態が悪くる事も予想されす。
食べる物で何か良いことは?犬の体ってどうってるの?とネットで探している時に、諸橋様のサイトに出会いした。この年齢で気がつかかった事は私の責任です。これからの活を少しでもストレスの無い過ごしやすい毎日にしたいと思いメールセミナーの受講を決めした。長くりすみせん。
よろしく願いしす。

(dogark-inunoutaさん)

 

この講座を受けたいと思った一番の動機は、薬膳で愛犬の口臭を治したいと思ったからです。直接、口臭に効く方法を教えていただけるかどうかはわからかったのですが、薬膳で体調が整えば口臭も解決するのではいかと思いした。

(カリンママさん)

 

はじめして、こんにちは。
これからどうぞよろしく願い致しす。

私の愛犬(8kg、男の子)は、9月で9歳にした。
現在夕食のみ、手作り食にしていす。
畑で無農薬の野菜を育て、季節の食材を取り入れたごはんを作ってす。
やつも、手作りしていす。

ホリスティックケア・カウンセラーの資格を持ち、愛犬と家族のために独学で勉強していしたが、もっと知識を深めたいと思い受講することに致しした。
同時に、これから薬膳の勉強をして資格を取りたいと考えてすが、人間向けのもの、た動物向けのもの、いろいろ講座がありどれを選んだらよいのか・・結局選択できいです。基本からしっかり学びたいのですが・・。

これからたくさん遠回りをして、いろいろ角度から楽しんで勉強してみたいと考えてす。
どうぞよろしく願い致しす。

(ぽんぽんさん)

 

犬の薬膳ずっと関心があり、いつか機会があれば勉強したいと思っていした。
仕事をしている為か時間が取れずにいたところ このセミナーの記事がずっと頭の片隅に残っていした。無料セミナーで内容を確認させて頂いてから本セミナー考えさせてもらえたらと思い申し込みさせいもらいした。

(AZUKIさん)


●薬膳とは一体どういうもの!?を知りたいので、無料のメールセミナーに登録します!



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)

*本名を正しくご登録ください。カタカナのみ、ひらがなのみ、ローマ字のみ、ペットの名前などで登録した場合はいたずらとみなします。見つけ次第、不正登録として配信停止を行いますので事前にご承知おきください。

*このメールセミナーの最後に、弊社の有料薬膳講座のご案内もさせていただきますので、宣伝が嫌い、という方はご登録されないようお願いいたします。

*ご登録いただいたメールアドレスは、メルマガ配信以外の目的で使用いたしません。第三者への公開なども一切行いませんのでご安心ください。また、メールの購読停止はメール内にある解除URLよりワンクリックでいつでも停止可能です。

*メールセミナーご登録の方へは後日、メールマガジン「ぐり通信」の配信も併せて開始いたします。犬の手作り食、アロマセラピー、マッサージ、薬膳、東洋医学など、愛犬の健康を自宅で考えケアするための情報配信メールマガジンです。ぜひこちらもご活用ください。

 


犬の薬膳!?

良さそうだけど、難しいんでしょう?

→ いいえ、そんなことはありません!

 

残念ながら、薬膳は難しいとか、漢方薬などの特別な材料を使わないとできないんですよね?と誤解している方が多いです。

薬膳は難しくありません。特殊な材料も要りません。

 

その証拠に、我が家の犬たちが普段食べている「薬膳ご飯」を動画で紹介します。

 

使用している材料は、普通にスーパーに売っているものばかりです。

人参、豆腐、セロリ、パプリカ、豚肉、鶏肉など犬の手作り食ではおなじみの食材です。

 

もし、あなたが日々の手作りご飯がマンネリ気味で、作るのにも正直飽きてきているし、最近犬の反応もイマイチになってきて…という場合、薬膳の視点で素材を選び、組み合わせることで新しいレシピが犬の食事メニューに加わります。

 

また同じご飯か…と不満顔だった愛犬が

 

「うわ!なにこれ!!初めて食べる!むっはー!美味しそう〜!!」

 

と嬉しそうに目を輝かせて、あなたの足元で「はやく!はやく食べていいって言って!」と待ちきれない顔をしているところを想像してみてください。

 

愛犬が全身で嬉しそうに喜びを表現してくれると、ご飯を作る飼い主さんも嬉しく感じるはずです。

 

そんな風に、犬の食事メニューに新しい風を吹き込みたい、すぐに食事に飽きてしまう愛犬に、体に良くてその上美味しいご飯を作ってあげて毎日楽しく過ごさせてあげたい!という場合は、ぜひ薬膳について知ってください。

 

薬膳の視点で考えた新しいメニューを、愛犬も喜んで楽しんでくれることでしょう。

 

●薬膳の視点を学んで、愛犬の食事メニューに新しい視点を取り入れたいので、薬膳について知りたいです!

 



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)

*本名を正しくご登録ください。カタカナのみ、ひらがなのみ、ローマ字のみ、ペットの名前などで登録した場合はいたずらとみなします。見つけ次第、不正登録として配信停止を行いますので事前にご承知おきください。

*このメールセミナーの最後に、弊社の有料薬膳講座のご案内もさせていただきますので、宣伝が嫌い、という方はご登録されないようお願いいたします。

*ご登録いただいたメールアドレスは、メルマガ配信以外の目的で使用いたしません。第三者への公開なども一切行いませんのでご安心ください。また、メールの購読停止はメール内にある解除URLよりワンクリックでいつでも停止可能です。

*メールセミナーご登録の方へは後日、メールマガジン「ぐり通信」の配信も併せて開始いたします。犬の手作り食、アロマセラピー、マッサージ、薬膳、東洋医学など、愛犬の健康を自宅で考えケアするための情報配信メールマガジンです。ぜひこちらもご活用ください。

 


 

メールセミナーご利用規約 / プライバシーポリシー / 運営者情報