0002headcopy

011nayami

 

033yosasou

 

人間の美容界やリラクゼーションサロン、そして医療や介護の現場でも
アロマテラピーの持つ「香りによる癒しやリラックス効果」が注目されています。

 

アロマテラピーによるリラクゼーション効果や、健康増進効果、
精神を明るく高揚させたり、逆に落ち着くべき場面で犬の気持ちを落ち着ける効果などは
私たちのパートナーでもある「犬」にとっても有効であることをあなたはご存知でしょうか?

035kouka

でもここで問題がひとつあります。
それは…。

 

「人間の為のアロマテラピー」を教えてくれるスクールや本はたくさんあるけれど
犬のためのアロマテラピーを学べる場は少ないという現状です。

 

034tikakuninai

 

 

 

「愛犬の自宅でのケアに”アロマテラピー”を取り入れる事で
少しでも愛犬の健康管理に役立てることができれば、すごくいいよね」

「でもアロマのことをきちんと勉強しないで犬に対して自己流でやるのはちょっと不安」

「こんなに犬によさそうなことなら、何とかして勉強したい!」

 

今まで犬のアロマテラピーという自宅でのケアに興味はあったけれど
近くで学べる教室やスクールが無い、そう言う理由であきらめていた。

 

でも、やっぱり犬の健康に役立つことなら勉強してみたい…。

 

 

012kainusisanhe

 

036kyukyuu

植物の持つ「薬理作用」を活かしたアロマテラピーは、
日常生活でのちょっとしたトラブルやストレスのケアに大いに効果を発揮します。

 

ただし、アロマテラピーは「薬理作用を持つ」と言う性質上、
「犬に取って受け容れやすい、正しい使い方」を学んだ上で活用しなければなりません。

 

また、アロマテラピーと併用することで
犬の心と体に働きかける「マッサージ」を行うことで
愛犬の体全体のエネルギーレベルを高め、元気づけることができるようになります。

 

アロマテラピーについてさらに深く学んでいただくと
ストレスケアやリラクゼーションのみならず
虫よけ、口腔ケアなどについてもアロマテラピーの応用範囲は広がります。

 

そこで今回、私たちOffice Guriでは
以下の3つの柱を飼い主さんに学んでいただくことで

「愛犬のための家庭の薬箱」

としてのアロマテラピーを学んでいただけるよう、オンライン学習プログラムを作成させていただきました。

013menu

015image

【1】愛犬の健康サポートのための「アロマテラピー」の基礎知識。

 

【2】同時に行うことで相乗効果が期待できる2種類のマッサージ
「リンパマッサージ」「ツボマッサージ」

 

【3】家庭でのホームケア

「愛犬のストレスケア」
「免疫力アップ」
「口腔ケア」
「虫よけ」
といった犬の日常生活で活躍する精油の応用方法。

 

この3つを同時に【自宅】で学べる「オンライン講座プログラム」で
あなたも愛犬専属の「ドッグアロマセラピスト」になってみませんか?

 

021jitakude

022happydog

 

 

愛犬のストレスケアやリラクゼーション、健康サポートのために
できる事なら何でもしてあげたい…。

 

そんな飼い主さんへ。

こんにちは。ドッグホームケアアドバイザーの諸橋直子です。

写真サンプル

現在私は北海道・東京・大阪での対面式講座、およびインターネットを使用したオンラインプログラムを通して「飼い主さん自身が家庭でできる、愛犬のためのホームケアスキル」をお伝えする仕事をしています。
飼い主さんが家庭で出来る「ホームケア」には様々な種類があります。私自身がお伝えする分野はアロマテラピー、マッサージ、手作り食、お灸、ツボマッサージ、薬膳となります。現在、犬の口に入る食べ物や体に直接触れるスキンケア製品は「できるだけ安全なものを」という意識の高い飼い主さんが増えてきました。
また、愛犬の高齢化に伴い「シニア犬の介護、ケアの場面でアロマテラピーを活用する方法は無いか?」といったご要望、ご相談をセミナーやメールマガジンを通して多くの飼い主さんから頂戴しています。
「愛犬にはできるだけ元気で長生きしてほしい」「そのために、普段から家庭でできることがあればやってあげたい」
こうしたご要望にお答えして、今回の講座を企画させていただきました。
当講座はまず、「愛犬のストレスケアとリラクゼーション」にフォーカスしています。
また、「ブラッシングスプレーなど愛犬の体に直接触れるものを自宅で手作りしたい」「不安分離などのストレスケアを家庭でも犬が受け入れやすい形で行ってあげたい」という悩みを抱える飼い主さん向けに「ドッグアロマアロマテラピーとマッサージの基礎知識を学べるオンラインプログラム講座」としてご用意させていただきました。
「美容目的」「ヒーリング的なイメージ」が強いアロマテラピーですが、実はほんの少し前までは実際に「家庭の薬箱」として様々な場面で使用されていた「薬理作用」を持つ「実用品」でもあります。
アロマテラピーの基礎を学ぶことで、ストレスケアだけなく、耳、口腔ケア、虫よけ、スキンケアなど様々なシーンで応用が可能です。
この講座が愛犬の頼れる「家庭の薬箱としてのアロマテラピー基礎」を、あなたご自身が学ぶきっかけとなれば幸いです。
Office Guri代表 ドッグホームケアアドバイザー
諸橋直子
講師:諸橋直子プロフィール:
愛犬のホームケア:Office Guri代表 ドッグホームケアアドバイザー
AEAJ認定アロマテラピーインストラクター/日本ペットマッサージ協会認定ペットマッサージセラピスト/ペット食育協会食育指導士(上級)/愛玩動物飼養管理士2級/ホリスティックケア・カウンセラー/日本ペットマッサージ協会認定 ペット東洋医学アドバイザー
犬のアロマテラピー、手作り食をテーマにしたメールセミナー受講生は1,000名を超える。Yahoo!ペット、雑誌レトリーバー等ペット雑誌掲載多数。

:

001media

さて、今でこそ「犬のアロマテラピー」を専門にセミナーで講義を行ったり
ドッグアロマ製品の開発・販売に携わっていますが
実は私自身は「犬の手作り石鹸」の制作と販売で現在の仕事をスタートしています。

 

犬の肌に優しい石鹸を作るので、折角なら天然の植物由来の材料で
犬の肌にも優しいもの、という考えで「石鹸にアロマテラピー精油を入れて香りづけをした」。

 

これが私とアロマテラピーの出会いです。

 

当時アロマテラピーについては、
人間向けの専門知識を学び「アロマテラピーインストラクター」という
プロフェッシュナル資格も取得していました。

 

また「ホリスティックケア・カウンセラー」というペット向けのホームケア資格を取得する際に
アロマテラピーの犬への使用方法や効果についてはある程度理解していました。

 

そのため、「ラベンダーにはリラクゼーション効果がある」といった
知識だけは持ちわせていました。

 

しかしながら私の意識はあくまでも、石鹸の制作・販売という仕事の性質上
「アロマテラピーのスキンケア効果」の部分にフォーカスしていました。

 

 

ところが…。

 

 

実際に販売を始め、全国の石鹸ユーザーであるクライアント様から届きはじめた
フィードバックのメールには驚くべきことが書かれていたのです。

 

 

それは…。

 

002kikkake

 

003kikakke2

 

石鹸の使い心地が良かった、泡切れが良かった、犬が痒がらなかった、という
「シャンプー」そのものの「洗う効果」に対する感想ももちろんたくさん頂きました。

 

しかしながら、それと同じくらい

 

「香りがやさしくて、犬がいつもよりリラックスしていた」

 

「いつもシャンプーのきつい香りを嗅ぐと、くしゃみが止まらなかった愛犬が
 今回はくしゃみをすることなくシャンプーを終えることができた」

 

「愛犬の体からほんのり香りラベンダーの香りに
私自身が何だか優しい気持ちになれました…」

 

 

といった「香り」と
「香りによってもたらされた飼い主さん自身と犬たちの心理的な変化や体感」
についてのご感想が私の元には寄せられたのです。

 

 

004tikara

 

 

それまで教科書上で学んだ単なる「知識」としてではなく、
香りが犬たちと飼い主さんの心にもたらす効果について…

 

「本当に役に立つ」「心がリラックスする効果がある」
実際の「体験」としてのアロマテラピーを
私は全国のたくさんの犬たち、そして飼い主さんから教えられたのです。

 

005seizai

 

そう考えた私は、早速身近なクライアントさんに対し
その効果をテスト的に試していただくことにしたのです。

 

 

 

006jirei

 

 

「アロマテラピーでストレスケアができるのであれば、是非相談したいのですが…」

 

そんなメールをいただき、1歳になるM.ダックスHちゃんの飼い主さんのお宅にお邪魔したのは
2007年の夏のことです。

 

当時、M.ダックスのHちゃんは1歳でしたが
新しい家族としてもう1匹、新しい犬を迎えたことがきっかけでストレスを抱え
「不眠症状態」に陥っていました。

 

「なやなか夜寝つけないようで、うつらうつらしたな、と思うと
 ちょっとした物音に敏感に反応するようになってしまったんです。
 しかも、物音に反応して起きるとき”ガルル!”と明らかに威嚇するようになりました。

 

 リラックスして深い睡眠を取れていないみたいです。

 

 そのせいか、最近頻繁に胃液を吐くようになり獣医さんに診せたところ
 ”胃酸過多”という診断で、今お薬を飲んでいるんです…」

 

 

「もしアロマで、すこしでもこのストレスがほぐれて緊張がゆるんだり
 ゆっくり寝られるようになればと思って…」

 

 

そこで私は持参したアロマテラピー精油のボトルをいくつか取りだし
Hちゃん自身に自分で香りを選んでもらうことにしました。

 

「犬自身が香りを選ぶ」

 

と言うと、驚かれる方も多いのですが
実は犬はしっかりと自分の香りの好みを持っており、表情豊かにそれを表現します。

 

007konomi

 

この時、私がHちゃんに嗅いでもらったのは

 

●ラベンダー
●クラリセージ
●オレンジスイート
●カモミール・ローマン

 

の4種類でした。

 

クラリセージはHちゃん自身が「これは嫌い」と顔をそむけたので除き
「これは好き!」としっぽを振って瓶を舐めそうな勢いで反応してくれた
ラベンダーとオレンジスイートの2種類をこのケースではチョイスしました。

 

そしてブレンド精油を作成し、
就寝時にディフューザーを使って部屋に香りを香らせてください、とお願いし
Hちゃんの家を後にしました。

 

008kakusan

 

 

数日後、Hちゃんの飼い主さんからメールをいただきました。

 

 

 

そこに書かれていた内容は…。

 

 

009odoroki

 

010omake

 

 

これには私自身が驚きました。

 

まさかこんな分かりやすい形で、
しかもこんなに早く効果が現れるとは思っていなかったのです。

 

そしてお話を詳しくうかがってみると

 

「先住犬であるHに”ちゃんと見ているし、大事に思っているよ”とコミュニケーションを
意識してするようにした」

「アロマの香りを嗅がせながら簡単なマッサージをしてみた」

 

といった飼い主さん自身の工夫がありました。

 

つまり、アロマテラピー自体にも、成分的に「リラックス効果」「中枢神経への鎮静作用」が
科学的に認められている成分が含まれていることが事実ですが…

 

マッサージやスキンシップなど、
飼い主さん側からの積極的なコミュニケーションと併用することで
アロマテラピーはより大きな効果を発揮できる可能性がある、ということが分かったのです。

016jissenn

このような「実際に試してみて、犬が喜んでくれた!」と言うメールが
私のところに届きはじめたのです。

 

特に「マッサージとアロマを同時に行うと、犬がとても喜んでくれる!」という
フィードバックが多いことに、私自身も驚きました。

 

しかしながら…。

 

 

これは、「マッサージ」というものの特性を考えると
ごく自然なことであることに、思い当たったのです。

 

実は嗅ぐだけで神経の緊張を緩め、リラックスを促すことが可能なアロマテラピーは
犬のストレスケアに最適な方法であると同時に、


犬のマッサージ


 

を同時に行うことでさらに犬の「リラクゼーション効果」が高まると言われています。

 

動物をマッサージすると「動物の脳内」で幸せホルモンと呼ばれる
オキシトシン」の分泌量が高まることが実験で知られています。

 

「オキシトシン」の分泌は動物に幸福感に与え、
心理的・精神的なリラクゼーション効果をもたらすことが期待されますが、

この「マッサージ」による恩恵には、実は「おまけ」があります。

 

それは、

 


ドッグアロマのリラクゼーション効果


 

です。

 

つまり犬をマッサージすると、
マッサージを行う飼い主さん側でも「オキシトシン」の分泌量が増加することが
これも実験で明らかになっています。

 

マッサージは「一方通行のケア」ではなく、
マッサージを行う飼い主さんにも「ストレス緩和」や「癒し」などの
相互作用があり、お互いがハッピーになれるといった
多くの恩恵を得られる行為でもあるのです。

 


犬の癒し


 

犬の皮膚は優れた「感覚器」でもあります。

 

全身を毛で覆われた犬は、毛の流れに沿ってやさしく撫でられる刺激を体全体で感じ取ります。

 

人間の世界でも「触れること=タッチング」が脳を刺激し、安心感やリラクゼーション効果をもたらすことで知られています。
犬も同様に、マッサージの刺激を心地よく感じることでしょう。

 

それが、大好きな飼い主さんによるマッサージであれば
犬が感じる喜びや幸福感は計りしれません。

 

 

この講座は2008年の夏、小さなオフィスの一角を借りてスタートしました。

 

その後、「ドッグアロマ&マッサージ基礎講座」は
会場規模も徐々に大きくなり
回を重ねてたくさんの飼い主さんに受講いただくようになりました。

 

「マッサージ自体、どうやっていいかわからなかった。でもできるようになった」
「犬のストレスケアをどうしていいか分からなかったけれど、
アロマを活用できると知って嬉しかった」

 

そう言ったお声を数多く頂戴できるようになったのです。

 

 

いかがでしょうか?

 

 

もしあなたが以下のようにお考えでしたら…。

 

「愛犬の健康を家庭で守ってあげたい」

「愛犬のストレスケアを自宅でしてあげたい」

「マッサージやアロマを活用して上手に愛犬をリラックスさせてあげたい、
絆を深めたい」

「犬の体に直接触れるブラッシングスプレーなどは
安心な材料で自宅で手作りしてあげたい」

「肉球クリームなどのお手入れ製品を、犬が舐めても安心な材料で自宅で作ってあげたい」

 

 

自宅でインターネットを使用しご自身のペースで学べる
「ドッグアロマ+マッサージ+アロマ応用コンプリートプログラム」の受講を

是非ご検討ください。

 

 

017nayami

 

  • 愛犬の口腔ケアを真剣に考えたい。
    歯磨き後に雑菌が増えるのを防ぐような工夫をしたい。
  • 愛犬の口内・耳のケアの為にアロマを活用してみたいがやり方が分からない。
  • シニア特有の咳などを、病院の治療と並行して、自宅でもアロマでケアしてあげたい。
  • 愛犬の乗り物酔いや吐き気を訴える場面で、
    薬と併用してアロマで楽にする方法があれば知りたい。
  • 病気や長期間の病気による消耗で食欲が無い我が家の犬。
    もし食欲を刺激するアロマの香りがあれば知りたい…。
  • 気持ちが高揚するとワンワンと声を出して興奮してしまう愛犬の
    しつけにアロマを活用したい。
  • 留守番時のストレスをやわらげてあげたい。
  • 肉球のカサツキ、ひび割れを自宅でケアしてあげたい。
  • 虫よけなど愛犬の体につけるものに強力な化学薬品を使うのは不安…
    できるだけ自然なもので代用したい。
  • 愛犬のトイレ掃除用消臭剤なども、
    犬が毎日使う場所なのであまり強い成分は使いたくない。
  • アロマテラピーに興味はあるけれど
    具体的に犬にどのように使用したらいいかわからない!
  • 犬に使用してはいけない精油があると聞いたが、どれか分からない。
    教えてくれる専門家が近くにいない。

 

実はこれらの

「こういう悩みを解決したい」

「こういうことを自宅でやってみたい」

といった飼い主さんの望みは、アロマテラピーの基礎を学ぶことで
手軽に実践することが可能になります。

 

嬉しい活用方法その1:アロマで虫よけ!

 

例えば「フィラリア症」の原因となる「蚊」には、「蚊」が嫌う特有の香りが存在します。

 

また、「ダニ」にも「ダニ」が嫌う特有の香りが存在します。

 

そして、それらの香り成分を含んだある精油を水で薄めて犬にスプレーするだけで
簡単に「安心で安全」なアロマテラピーによる虫よけを実践することが可能になります。

 

 

嬉しいことに、これらの「虫が嫌う香り」は
私たち飼い主や犬に取って、心地よく受け入れやすい香りが多いのも特徴です。

 

 

た、アロマテラピー精油は複雑な成分を含みます。
そのため、虫よけ効果のある精油が同時に犬のリラクゼーションを誘うこともあります。

 

殺菌、抗菌効果を持つ精油も多く、アロマエテラピーを虫よけとして活用しつつ
同時に犬のストレスを和らげる、
体を清潔に保つのに役立てることができる点も大きな魅力です。

 

犬と飼い主さんが香りを楽しみながら、
愛犬の有害な虫を遠ざけることができる、ということですね。

 

シニア犬の介護にもアロマテラピーを活用!

 

「愛犬が寝た切りになりました。できるだけ快適に時間を過ごせるよう
 アロマテラピーを使ったマッサージをしたいのですが、どうでしょうか?」

「どんな風にマッサージをしてあげたらいいですか?」

「どんな香りが愛犬をリラックスさせるのに最適でしょうか」

「寝た切りで排泄のケアを行っています。できるだけ小ざっぱり過ごさせてやりたいのですが
アロマを使った方法で何か良いものはありますか?」

 

このようなご相談も、私が運営するメールマガジンやセミナーにはよく寄せられます。

 

そして、アロマテラピーでこのようなことができますよ、とご紹介すると
実践された飼い主さんより、このようなメールをたびたび頂戴するようになりました。

 

 

018kaigo

 

019kaigo2

 

シニア犬の介護に関する情報を求める飼い主さんが年々増えてきています。
そして、こうした飼い主さんが異口同音におっしゃるのが、以下のようなことです。

 

「突然、犬が寝た切りになって介護をすることになり、パニックになってしまった」

「ちゃんと食べてくれるのか、夜は寝られるのか、排泄はスムーズか、
そういうことが最優先事項になり、愛犬の生活の質(QOL)を保つために
何ができるか…ということを考える余裕がなくなってしまった」

「こうなる前に、愛犬が元気なうちからこつこつ役立つ情報を集めて、
勉強しておくべきだった」

 

すべての犬は必ず年を取ります。

 

そして、犬の寿命が延びるに従い
介護の問題と向き合う飼い主さんが増えてきました。

 

「いざ、その時になって慌てるより、絶対に犬が元気なうちから
マッサージやアロマで色々なことができることを知っていた方が良い。
自分が介護で苦労したからこそ、
今犬が元気な状態な飼い主さんにも”自分にはまだ先のこと”と考えずに
”今”向き合ってほしい」

 

 

実際に介護を経験し、また犬を見送った経験をされた多くの飼い主さんが
そう口にされるのを私は多く目にしてきました。

 

 

現在の犬の生活を快適に過ごさせてあげるためのアロマテラピー。

 

そして、未来の犬の生活の質(QOL)を高く保つためアロマテラピー。

 

私自身、そういった長いスパンで「ドッグアロマとマッサージ」が
飼い主さんと犬たちのお役に立つものと自負しています。

 

 

 

020hatubai

 

私はこれまで、対面式のセミナーで
「ドッグアロマ」「マッサージ」をお伝えする仕事をしてきました。

その結果、犬の健康を真剣に考える飼い主さんたちより、

 

「マッサージ自体、どうやっていいかわからなかった。でもできるようになった」
「犬のストレスケアをどうしていいか分からなかったけれど、
アロマを活用できると知って嬉しかった」

そう言ったお声を数多く頂戴できるようになりました。

ドッグアロマ

原田博栄様より

アロマは使ったことがないので、どういうものか知りたいと思っていました。とても勉強になりました。不安要素のある精油はとりあえず避けて少量から、というふうに行けば大丈夫な気持ちになったので試してみようと思います。

北静代様より

アロマのブレンドは初めてだったので自分で作って嬉しかったです。リンパの場所もはっきり分かったのですぐに使ってあげられます。ありがとうございました。

N.M様

どこを触っても気持ちよさそうな顔をしてくれず、ぷいっとされるので犬にとって気持ちよいマッサージを知りたいと思っていました。マッサージの方法、アロマも犬に有効なことは、講座で教えていただかない限り私には無縁でした。嫌がられないように少しずつやっていこうと思います。

阿保智美様より

講座に参加前はどんなアロマが犬に良いかわかりませんでした。犬に何かリラックスさせる方法を知りたかったので、マッサージ方法を教えてもらえるとうことで参加しました。マッサージ方法を丁寧に教えていただき、わかりやすかったです。飼い主も一緒にリラックスして続けていきたいです。

畠山夕紀子様より

講座に参加前は普段やっていること(耳つけねや首もみ)が、実は犬の負担になっているのではないか?足腰ケアや健康増進につながるマッサージはどうすればいいのか不明でした。人と共通する部分が多く、人用に雑誌や本で学んだこと(リンパやツボのこと)が犬にも応用できるので、人も犬も元気に暮らせるヒントが沢山でした。

N.A様

アロママッサージが動物に出来ること自体が驚きです。将来犬に関わる仕事を始める為に必要な知識をつけたいと思い、申し込みました。

水尻美樹様より

講座に参加する前は悩みというほどではないですが、アロマの選択について分からないことが多かったです。マッサージは飼い犬がシニア入りしているので、してあげたいが、なかなか機会がありませんでした。講座ではアロマのブレンドが分かるのが魅力的でした。

高嶋真菜様より

講座に参加する前はどうやってマッサージをしたらいいかわかりませんでした。基本的なことが学べるのでこの講座を受講しました。アロマに対する知識もマッサージについての知識もなかったので、とっても勉強になりました!早速家でやってみます。

照井麻巨様より

講座に参加する前は、精油の種類が多く、何をどのように使ったらいいのかが分かりませんでした。犬に活用する方法も知りたいと思っていました。犬に使えるアロマを学べるところがなく、一度勉強してみかったので受講することにしました。とても楽しかったです。また、普通のアロマの楽しみ方以外にも活用する場面が増えそうで参加してよかったです。

平田佳奈江様より

講座に参加する前は、犬のマッサージの本は持っていますが、本当に気持ち良いのか半信半疑な所がありました。知らないアロマの香りや効果を知り、とにかくやってみようと思います。もっと勉強したいですです。ありがとうございました。

佐々木ひろみ様より

犬のマッサージ本を買ったこともあるのですが、難しそうであまり行ってはいませんでした。犬をもっとリラックスさせたいと思って申込ました。実際に学んでみて、アロママッサージをして、このまま犬が元気でいられるようにと思っています。早く愛犬にマッサージをしてあげたいです。

広重久仁子様より

講座に参加する前はマッサージが犬の負担になっていないかどうか悩んでいました。アロマテラピーについて、さらに知りたくなりました。犬だけでなく人間の生活の質の向上につながるアロマテラピーを学んでみたいと感じました。

 

 

このように多くの飼い主さんと犬たちに喜んでもらえるセミナーであれば
開講数を増やすことでより多くの「犬の健康を真剣に願う飼い主さん」の
お役に立てるのではないかと当初は思いました。

 

ただ、犬と暮らす飼い主さんたちには様々な状況の方がいらっしゃいます。

 

「犬の体調が不安定で長時間家を空けられない」

 

「犬を介護しているので、シニア犬ケアのためにもマッサージとアロマを学びたいが
 犬から目が離せないのでセミナーにはなかなか参加できない」

 

「仕事の休みが不定期で、きまった場所に決まった時間に行かなくてはならない
 講習会だと、参加するのが難しい」

 

また、会場の遠隔地にお住まいの飼い主さんの場合は
日時によっては参加してもらう事が出来ない可能性もあります。

 

「諸橋さんのセミナー受けてみたいのですが北海道は遠すぎます!」

「東京のセミナーは日程が合わなく残念です(涙)
関西方面に来られる予定はないでしょうか?大阪での開講を希望します!」

 

このようなリクエストメールもたくさん頂戴するようになりました。

 

それであれば、PCを使って動画を見ることで
自宅に居ながら学べる「オンライン教材」の形で販売することで
より多くの、必要とされる方へ「ドッグアロマ」「マッサージ」のスキルを
お伝えできるのではないかと
考えた次第です。

 

3つのパート

 

第一部:ドッグアロマテラピー編~犬にお勧め10種類の精油を使いこなす!

アロマテラピーを難しく感じさせる要因のひとつに
精油の種類があまりにも多い」と言うことが挙げられます。

 

そこで第一部では、応用範囲が広く親しみやすい香りの
犬のための厳選精油10種」について基本から学びます。

 

「犬のための厳選精油10種類」をマスターすることで、リラクゼーションのみに留まらず、
虫よけ、車酔い防止、しつけなどにも幅広く応用することができるようになります。

 

第二部:アロマテラピー基礎理論

アロマテラピーはどのように犬に働きかけるのか?その作用の道順や使ってはいけない精油等、
安全に犬にアロマテラピーを行うための基礎知識を学びます。

犬に適切な精油の使用濃度や、避けるべき精油の種類を知ることで
より安全に、安心して犬にアロマテラピーを行うことができるようになります。

 

第三部:ドッグマッサージ編

ドッグマッサージ編では誰でも手軽に始められる「犬のリンパマッサージ」を学びます。
リンパは免疫と深い関わりを持っていますが、
このリンパを刺激することで犬の老廃物排せつをサポートし

めぐりの良い体作りを助けることが出来るようになります。

 

またこのパートの後半では
東洋医学に基づいた”経絡=ツボマッサージ”」についても学んでいただきます。

つぼへの刺激は体の治癒効果を高める方法として、
人間の医療の世界でも広く受け入れられていますが

犬にもつぼがあり、適切な刺激を行うことで健康増進効果が期待できます。

悩み別のつぼをご紹介しているので、犬の体調や現在の状態に合わせて
ツボマッサージをプラスしていただけるようになります。

 

 
飼い主さん自身の手による「お家での毎日のホームケア」を実践できるようになるための
基礎知識をこのオンライン講座では一つ一つ丁寧に解説していきます。

 

 

それでは実際には、どのような内容が学べるのか?についてを
さらに具体的にお話ししていきます。


内容とは


ドッグアロマ&マッサージオンラインプログラム

ビデオ1:ドッグアロマテラピー編

disk001_edited-1

  • 001:アロマリンパマッサージの意味
    アロマテラピーとリンパマッサージを組み合わせることで犬にどのようなメリットがあるかを学びます。メリットをしっかり理解することによって、犬へマッサージを行う際の効果を高めることができます。
  •  

  • 002:ドッグアロマのイントロダクション
    犬へアロマテラピーを行う際の問題点とその解決方法について解説します。犬のために厳選した精油「10種類」を使いこなすことによって犬にもたらされるメリットを理解します。
  •  

  • 003:ラベンダー~水蒸気蒸留法と芳香蒸留水、抽出部位
    ラベンダー精油の抽出方法と特徴について学びます、また、精油の副産物である「芳香蒸留水」の使用方法とメリットについても学びます。抽出方法を学ぶことで犬により安全な精油を選んであげるための手助けとすることができます。
  •  

  • 004:カモミールローマン
    カモミールローマン精油の特徴とどのようなケースに使用するのが適切かを学びます。
  •  

  • 005:スイートマジョラム
    スイートマジョラム精油の特徴について学びます。犬の気持ちを落ち着ける際にこの精油をどのように活用すたらよいかを理解できるようになります。
  •  

  • 006:クラリセージ、キャロットシード
    クラリセージ精油とキャロットシード精油について学びます。皮膚のぱさつきやトラブルに悩む犬へ、キャロットシードがどのような効果をもたらすかを学ぶことができます。
  •  

  • 007:パルマローザ、ゼラニウム
    パルマローザ精油、ゼラニウム精油について学びます。ダニ避けの精油としてゼラニウムをどう活用すいたらよかを理解できます。
  •  

  • 008:ニアウリ・シネオール~ケモタイプ
    ニアウリ・シネオール精油について学びます。犬に特に穏やかに作用する「ケモタイプ精油」について学習し、犬に安全な精油を選ぶための知識を身につけることができます。
  •  

  • 009:ローズ~水蒸気蒸留法、有機溶剤抽出法
    ローズ精油について学びます。同じ精油であっても異なる抽出法が存在することを知ることで、犬のボディケアにアロマテラピーを応用する際に、どの抽出方法で作られた精油がより安全かを学びます。
  •  

  • 010:ペパーミント〜お掃除と虫除け
    ペパーミント精油について学びます。ペパーミント精油の殺菌効果、昆虫忌避効果を利用しお掃除や虫よけへも活用できることを学びます。
  •  

  • 011:精油のブレンドとマッサージオイル作成
    愛犬の悩み別にオリジナルマッサージオイルを作成する方法を学びます。

ビデオ2:アロマテラピー基礎理論

disk002_edited-1

  • 012:アロマテラピー基礎知識〜精油とは?安全のための注意事項
    アロマテラピーを「安全に楽しむため」の基礎知識を学びます。植物由来の精油ですが100%安全だという「誤解」をしたままだと、犬にとって好ましくない事態を呼ぶこともあります。そのようなことにならないための「安全の基礎知識」を学びます。
  •  

  • 013:匂いの伝わるルート、犬に禁忌なアロマとその理由、光毒性、ケモタイプ、キャリアオイルと希釈濃度
    アロマテラピーがどのように犬の感覚器や脳に刺激を与えるかという「作用機構」について学びます。犬に避けるべき精油23種とその理由や、使用の際に注意の必要な「光毒性」のある精油についてもここで学びます。

ビデオ3:ドッグマッサージ編

disk003_edited-1

  • 014:リンパマッサージ基礎
    犬へリンパマッサージを行う場合の部位、方法について学びます。免疫と関わりの深いリンパの流れを良くすることによって、犬の健康増進を手助けするテクニックを学びます。
  •  

  • 015:つぼマッサージ基礎〜経絡と経穴
    東洋医学の考え方に基づいた「犬のつぼマッサージ」について学びます。つぼとは一体どういうものか?何故つぼを刺激することが犬の体にとって良いことなのか?を理解できるようになります。
  •  

  • 016:犬の肩こり〜曲池、外関、肩井、指圧の強さの目安
    犬の体の構造と生活習慣から犬の肩にどう負担がかかっているかを学びます。肩への負担を軽減する手助けとなるつぼを3種類学びます。
  •  

  • 017:犬の集中力UPとダイエット、ストレスケア~井穴、三陰交、湧泉、中脘
    犬のダイエットとストレスケアに最適なつぼ3種類を学びます。
  •  

  • 018:耳のケア〜耳たぶのマッサージ
    耳のマッサージについて学びます。犬の耳たぶにもつぼが存在します。このつぼを手軽に刺激するマッサージ方法を学び、愛犬の耳トラブルを防ぐのに役立つマッサージを身につけます。
  •  

このように18本のビデオを見ることによって
自宅で簡単に行える犬のアロマテラピーとマッサージの基礎について学んでいただけます。

さらに、このプログラムでは以下のような不安を抱える飼い主さんのために
オンライン講座限定の「スペシャルコンテンツ」も併せてご用意させていただきました。

特典001_edited-1

いかがでしょうか?

 

「犬のためのドックアロマテラピー基礎&マッサージオンラインプログラム」で学ぶメリットと
参加することで受け取っていただける特典の素晴らしさについては
ご理解いただけたでしょうか。


できるか不安_edited-1


 

ボリュームが多く、学べる内容が多いのは分かったけれど
そんなにたくさん、消化しきれるか心配…。

 

そんな不安を感じられた方もいるかもしれません。

 

確かに愛犬のお世話に加えてお仕事や家事、育児などでお忙しい場合もあると思います。

 

また、パソコンで動画を観る事は疲れる作業なので連続してたくさんのビデオを見る事は
非常に大変だと思います。

 

そこで「忙しい方でも無理なく、少しずつ学べるプログラム」を併せてご用意いたしました。

023tuika

024tuika

アップグレード版であなたが学べる内容

  • STEP1-1:アロマテラピーで愛犬を害虫から守る。何故、虫よけにアロマなのか?
  • STEP1-2:何故わざわざ虫よけが必要なのか?
  • STEP2-1:蚊よけに効果的なアロマ精油
  • STEP3-1:ダニよけに効果的なアロマ精油
  • STEP4-1:チリダニ駆除に効果的な精油
  • STEP5-1:ノミの忌避に効果的な精油
  • STEP6-1:犬のストレスケア・リラクゼーションのアロマテラピー
  • STEP6-2:ストレスケア・リラクゼーションにお勧めの精油
  • STEP7-1:利用方法~ディフューザーで香らせる
  • STEP8-1:マッサージオイルとして利用する
  • STEP8-2:マッサージオイルにお勧めのオイル
  • STEP9-1:食欲を増すアロマ精油~食欲増進
  • STEP10-1:免疫系の強化~免疫賦活作用
  • STEP11-1:疲労感の軽減
  • STEP12-1: 関節マッサージに用いる精油
  • STEP12-2: パッチテストとは?
  • STEP12-3: 関節マッサージにお勧めの精油
  • STEP13-1:乗り物酔い対策
  • STEP14-1:犬の気持ちを鎮める、恐怖心・不安分離のためのケア
  • STEP15-1:愛犬の口腔ケアにアロマテラピーを活用する際の基本的な考え方
  • STEP15-2:バイオフィルムについて
  • STEP15-3:口腔ケアに用いる精油のグレードと使用量について
  • STEP15-4:ティッシュを使用したケア
  • STEP15-5:スプレーを使用したケア

そして実は現在進行形で講座ビデオをさらに追加中!
受講生からのリクエストに応えたアップグレードビデオも
順次公開中です!

当講座では、定期的に受講生より質問を募集し
リクエストの多かった内容でさらに講座ビデオを作成し配信しています。

今回は自宅で肉球クリームを作成したり、マッサージを行う際に役立つ「キャリアオイル」についてのご質問に答えた講座ビデオを現在も追加しています。

また、子犬にも安心して使える「芳香蒸留水」についての
ご質問にお応えしたビデオも追加となります!
こちらも追加ビデオも、受講生の方は視聴いただけます!

受講生からのリクエストにお応えして、さらに講座ビデオをプラス!!

  • STEP1:キャリアオイルについて~抽出法による違い
  • STEP2:精製工程(精製処理)
  • STEP3:オイルの寿命・効果等
  • STEP4:犬へに使用に適したキャリアオイル
  • STEP5:犬に合ったオイルの選び方
  • STEP6:芳香蒸留水の種類と活用

025ovideo

追加特典!アロマで作るお手入れケア製品

  • 【1】ブラッシングスプレー作成レシピ+作成実習動画
  • 【2】マッサージオイル作成レシピ+作成実習動画
  • 【3】肉球クリーム作成レシピ+作成実習動画
  • 【4】マウススプレー作成レシピ+作成実習動画
  • 【5】虫よけスプレー作成レシピ+作成実習動画
  • 【6】イヤークリーナー作成レシピ+作成実習動画



026ikagadesyouka


ドッグアロマ講座にご参加ください。

オンライン講座:受講資格

PCでインターネットに接続できる方であれば、どなたでもご参加いただけます。
※PCでのご利用が前提のプログラムです。ガラケーには対応しておりません。スマートフォン、タブレット型PCでの視聴・閲覧が可能な方、Youtubeでの視聴が可能な方は、お申込み時にサンプル動画を再生の上、再生可能な場合はお申込みいただけます。
あらかじめご了承ください。

 

オンライン講座に含まれる内容

ビデオプログラム第一部:48分26秒
ビデオプログラム第二部:20分27秒
ビデオプログラム第三部:34分55秒
特典ビデオ:リンパマッサージ:8分26秒
特典ビデオ:つぼマッサージ:4分53秒
以上、すべてオンライン上での視聴となります。

セミナーテキスト:全37ページ(PDFファイル。各自PCにダウンロードの上ご利用ください)

スペシャルプログラム:
犬のためのドックアロマテラピー基礎&マッサージメール講座

 

ドッグアロマ応用編プログラム(計127分):
イントロダクション:
7分19秒
何故、虫よけにアロマなのか?:11分26秒
フィラリア予防薬、フロントラインを正しく理解する:13分43秒
蚊避けに効果的なアロマ精油:8分59秒
ダニ避けに効果的な精油:9分2秒
チリダニ忌避に効果的な精油:3分55秒
ノミの忌避効果に効果の精油:4分12秒
復習 犬にとってのストレスとは?精油成分の話:13分24秒
香りと記憶の関連付け:2分26秒
ストレスケアの精油:6分11秒
精油の具体的な使い方:5分31秒
食欲を増す精油:3分21秒
免疫強化の精油:9分8秒
疲労感軽減の精油:2分25秒
関節痛サポートの精油:6分47秒
車酔い対策・吐き気対策の精油:3分50秒
恐怖心・不安分離症の犬のための精油:4分29秒
精油による口腔ケア:10分0秒
最後に~受講生の皆さんへ:1分14秒

応用編セミナーテキスト:
全19ページ(PDFファイル。各自PCにダウンロードの上ご利用ください)

 

 

ドッグアロマ基材上級編(計114分):

※こちらのプログラムは現在「001~005」までを視聴いただけます。
「006~014」につきましては、現在編集中です。
1月30日までにの頃のビデオをすべて公開予定です。

001:イントロダクション:3分14秒
002:キャリアオイル上級編:3分21秒
003:抽出方法による違い:4分49秒
004:圧搾抽出法(熱温):4分32秒
005:溶剤抽出法:4分50秒
006:精製工程について:8分19秒
007:オイルの寿命について:5分16秒
008:キャリアオイルの紹介1:7分20秒
009:キャリアオイルの紹介2:4分52秒
010:キャリアオイルの紹介3:6分45秒
011:キャリアオイルの紹介4:6分48秒
012:キャリアオイルの紹介5:4分12秒
013:犬に合ったオイルの選び方:3分11秒
014:芳香蒸留水について:11分0秒

 

基材上級編セミナーテキスト:
全9ページ(PDFファイル。各自PCにダウンロードの上ご利用ください)


※講座内で使用しているアロマ精油やマッサージオイルは付属しておりません。
必要とされる方には別途、有料オプションとしてご用意しておりますので
そちらをご利用ください。

※個別のご質問への回答等のサポートは講座カリキュラムには含まれておりません。
あらかじめご了承ください。

 

受講料

kakaku

※商品の性質上、ご入金後のキャンセル、および返金はお受けできません。あらかじめご了承ください。
※特別受講価格で提供させていただきますので、個別のご質問への回答等のサポートはつけられないことをご了承ください。

 

028mousikomi

アロマテラピー初心者ですが私でも理解できる内容ですか?
このセミナーは「アロマテラピーが全く初めて!」という方でもわかりやすい内容で構成されています。アロマテラピーの経験が無い方もぜひご利用ください。
受講期間に制限はありますか?
いいえ、ありません。当講座は何カ月以内にすべてのカリキュラムを終えなければいけないといった講座ではございません。受講生ご自身のペースで学習を進めていただくことが可能です。
海外在住ですが、受講できますか?
インターネットにPCで接続できる環境をお持ちであれば、海外からご受講いただくことも可能です。実際にこのオンラインプログラムは、海外在住の飼い主の皆さんにもご利用いただいております。ただし、オプション販売の精油・その他の製品類の発送は日本国内のみに限らせていただいております。ご了承ください。
海外からの申し込みの場合、クレジットカード支払いに対応してもらえますか?
はい、可能です。当オンライン講座はカード決済にPaypalを使用しています。Paypalは203の国と地域で利用でき、26通貨に対応しています。
犬に使ってはいけないアロマ精油についても学べますか?
はい。犬に禁忌な精油とその理由についてもセミナー内では解説しています。禁忌とされる精油のリストもセミナーのテキストには含まれています。
我が家には猫もいます。猫にアロマはダメだと聞きましたが犬と猫を一緒に飼っている場合の対応方法も学べますか?
何故猫にアロマはいけないといわれるか?という理由についてセミナー内で解説しています。また、犬と猫を一緒に飼っておられる飼い主さんのためのアドバイスもカリキュラムには含まれています。
我が家の犬は癲癇持ちです。癲癇持ちの犬がアロマを使う際の注意事項も学べますか?
癲癇とアロマの関係性についてもテキスト内では触れています。癲癇持ちの犬が避けるべき精油とその理由についても触れています。

029tuisinn



030tuisinn2

032syomei

028mousikomi